カタマラン1日の流れ カタマラン1日の流れ

ねえ、知ってる? 風の時代がやってきたんだって。
占いは読むけれど、信じない。
それでもずっと気になっていた。
風の時代…か。なにが、かわるんだろう。
確かめに行こう。と友人に誘われ、佐世保の港へ。

コンシェルジュのお出迎えに、
ちょっぴりドキドキする。
わたしたち、これからどんな体験するのかな。

おだやかな海をヨットが滑るように走りだす。
空の青と海の青に、吸いこまれる。ゆらゆらと、風がまぶしい。
光が、心地いい。うんと伸びをする。
沖に出ると、ヨットはエンジンをとめて、セイルを上げた。
波が、きこえる。わたしが、海とつながった。

これからもつづく旅にカンパイ、
わたしたちの友情にカンパイ。
海と風のパワー、しっかりいただきます。

もっとありのままでいいんだね、この海みたいに。
ひとつの物、ひとつの場所、
ひとつの価値観にしばられないで。
ココロの枠をとっぱらってみると
ほんとうに大切にしたいものがわかってくる。

ありがとうも、ごめんなさいも、愛していますも。
いまのわたしなら素直に伝えられそうな気がする。

こんどいつ行く?
って、港に着く前から相談してる。
まだまだ、旅の途中の、ふたりです。